理事長:ご挨拶

医療法人財団 川野病院 理事長
川野辰夫

川野病院は、昭和17年(1942年)、立川市に開設して以来、「患者さまへの思いやりを含めた医療の質の向上」を第一の経営理念として、地域医療、救急医療に対応すべく努力してまいりました。これからも立川医師会、更に各医療機関との連携のもとで地域の疾病の予防、医療。介護等を担い職員一同、尽力してまいります。

病院長:ご挨拶

医療法人財団 川野病院 病院長
川野幸夫

当院は2020年で設立78年を迎えました。ここまで永く続けてこられたのも地域の皆さま、近隣の諸先生方にご信頼いただいたことと、心より感謝申し上げます。とくに2000年の病院改築以降、医療機器の導入、人材の確保、職員の教育等により医療の質の向上に努めてまいりました。これからも皆さまに人に優しく安全で質の高い医療を提供できるように職員一同日々努力を続けてまいります。よろしくお願い申し上げます。

歴史

開業当時の川野病院

  • 昭和17年3月 川野病院 開設
  • 昭和29年 順天堂医大とタイアップし、内科・産婦人科を新設
  • 昭和36年 鉄筋コンクリート3階建てに改築 法人化とする。
  • 昭和37年 産婦人科閉鎖
  • 昭和40年 病院経営研究所編「日本のモデル病院」全国150の優良病院のひとつとして紹介される。
  • 昭和46年 75床に増床のため増築
  • 昭和52年 12月川野辰夫院長就任
  • 昭和56年7月 病院引き屋移転
  • 昭和62年 全身用CTスキャン導入
  • 平成4年 創立50周年を迎える
  • 平成10年6月 全75床中24床を療養型病床群へ移行
  • 平成12年3月 鉄筋コンクリート造6階建に全面新築
  • 平成14年 最新機器のヘリカルCTスキャン、MRIの導入
    消化器内視鏡電子スコープ 導入
  • 平成15年 腹腔鏡導入、医療相談室新設
  • 平成16年 オーダリングシステム導入
  • 平成20年 画像サーバーシステム導入
    検診センター新設
  • 平成24年 創立70周年を迎える
  • 平成27年 電子カルテシステム導入
  • 平成28年7月 新型MRI(1.5テスラ)導入
  • 平成29年7月 川野幸夫院長就任
  • 平成29年11月 大腸肛門病センター、消化器内視鏡センター、そけいヘルニアセンターを開設